オール電化やリフォームのことなら|フレッシュハウスでリフレッシュ

健康的な体を作るためにサプリを手に入れる方法

取付方法

プロに依頼しよう

引越し時や新しい洗濯機を購入したときに必要な洗濯機の取付作業は、何も知らない素人が行なうと返って故障の原因になってしまう可能性があります。そのため、プロに依頼することがもっとも適切です。しかし、取付時の注意事項や必要な作業内容などを把握しておけば、よっぽど不器用な人ではない限り誰にでも行なうことができます。その際、洗濯機のホースや自宅のコンセント、アース線の位置やタイプを把握してそれらに適した方法で行なうことが大切です。同時に、ホースの向きにも注意する必要があります。

取り外し方

まず、ホースやアース線、コンセントを壁や所定の位置から取り外します。その際、感電する危険性があるため、洗濯機の電源が切れていることを必ず確認してから外してください。次に壁に設置されている蛇口からホースを取り外す作業に移ります。部屋のタイプによっては、「開」「閉」と表記されたハンドル式のものもあります。そのような場合は、ハンドルを「開」から「閉」に回し、きちんと確認する必要があります。「閉」に回した後、ハンドルを押すと簡単にホースが抜けるようになっています。このような作りになっているものは力任せに抜くと大変危険なのでよく確認してから作業を行ないましょう。

取付方

取付作業の際は、洗濯機の底を確認し、ホースを通す穴にキャップがある場合はそれを外しましょう。次にそこにホースを通し、部屋に設置されている排水口にホースを接続させます。その際、エルボと呼ばれる接続部品が必要なタイプもあります。その後、洗濯機が水平であることを確認した後、ホースとアース線で洗濯機と壁を繋ぎます。また、ハンドル式の「開」「閉」ボタンは「開」に回しましょう。その後コンセントを入れたら完了です。

Copyright© 2015 オール電化やリフォームのことなら|フレッシュハウスでリフレッシュAll Rights Reserved.